<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
プライベートの機密性
 毎月26日の19時より、集落の常会があります。定例となっており、自治会費の徴収に加え、その時にみんなで話し合うべき議題について議論します。最近は、来年度から本格実施される「農地・水・農村環境保全対策」についての話し合いが続いています。
 この事業、タイトルどおり農地とその水路と周辺環境の維持を目的としたものです。実際は農業用水を主な対象としていますが、集落や地域組織や学校などが生活共同体として取り組むことも示唆されており、使いようによっては里山環境の保全に大きな効果があります。
 しかしながら、ずーっとここに住んで農業と水管理をやってきた人(男性の年配者)にとっては、水に着目した循環型社会という発想はほとんどなく、僕が住んでいる集落でもパッとした案が出ていません。ビオトープづくりや子供と一緒に生き物調査をしようといったことを提案する余地もなく、かなり勿体ないことになっているというのが実態です。

 話を戻します。

 今月の常会の時、話し合いが始まるまでの間に、複数の人から薪置き場について声をかけられました。
 「屋根ができたねぇ」
 「ストーブ入れたんだって?」
 「屋根の根太は縦じゃなくて横にしなきゃぁダメだ」
 「薪はあるか?ウチにたくさんいらない木があるから使いなさい」
 「他の家にも、もう使ってない木がたっくさんあるぞ」(かつて稲を干していた木組み)
 「あそこの建築屋は廃材を燃やして捨ててるらしいから、言ってみたらいいよ」

 わが家は集落の中心部からちょっと離れており、そんなにマジマジと屋根を見てもらえるような環境にありません。それでも、あれこれと話しかけられるということは、みなさんこちらが考えている以上にわが家を見てるんだなということがわかりました。屋根の構造までチェックしていることに驚きつつも、アドバイスをいただいて助かりました。・・・時間をみつけてやり直し作業をしなければなりません。

 どこまでプライベートの機密性を高めるのかということは、個人によって異なると思います。ここでは、普通に暮らしていると1つひとつの行動が周囲の住民にチェックされてしまいますが、その分だけ耳寄りな話をしてくれるというメリットもあります。
 プライベートがないのは、集落内だけにとどまらず、町全体に言えることです。「今度引っ越したsenangさん家に薪ストーブがあるらしいよ」という話はあっという間に広まったらしく、苦労しなくてもあちらこちらから薪の話がやってきました。あと2箇所、早々に薪を取りにいかなければならないところがあります。本当にありがたいことです。

 ただし、悪い噂も(悪い噂の方が)すぐに広まりますので、人の目が気になるという方にとっては住みにくいところなのかもしれませんね。
[PR]
by senang | 2007-01-30 18:50 | 【2】コミュニティ
火は自分を映す
e0052074_1851366.jpg

 火はあらゆるものを灰にします。

 長年家を支えてきた柱も、丹精込めて彫った彫刻も、貴重な情報が記されている文献も、火はたちどころに灰にしてしまいます。それらが存在した月日や活躍した状況に思いを馳せると、一瞬にしてそれらの造形を崩して熱と煙と灰に分解しまう火は、何とも無情なもののように感じます。しかし、それは単に見方の違いで、火を基準にして考えると、我々の活動や存在がいかにちっぽけなものであるということになります。

 火は心の揺らぎを映します。

 不思議なことに、火と向かい合っている時には、精神的なコンディションが炎に反映します。滅入っている時などは、煙ばかりが出て燃え上がりません。逆に、アクティブモードの時はパッと火がつき、あっという間に燃え上がります。炎が立ち上ってからも、心のありようによって勢いが違います。

 火には冷たい火と熱い火があります。

 当然ながら火は熱いものですが、熱いながらも「冷たい火」と「熱い火」があるように感じます。冷たい火は、炎が出ていてもなかなか温度が上がりません。同じような状態でも、熱い火はとても大きな熱量を出します。最初、それは燃やすものに含まれている水分量によるのかもしれないと思ったのですが、同じ燃料を使っても火が冷たく感じる時と熱く感じる時があります。
[PR]
by senang | 2007-01-26 18:20 | 【2】環境との対話
電気の代替を模索すべき
 生活に必要なエネルギーは、2つに大別できます。熱源と電気です。

 熱は、料理、暖房、炊事などに必要となります。いわば生活のベーシック部分を支えるものであり、欠かせないものであると言えます。熱を得るためには、薪をはじめとしてガスや石油などの使用が考えられます。日本の家庭では、薪や炭の代替としてガスや灯油が戦後になって飛躍的に普及してきました。現在では化石燃料が主流となっており、薪や炭で熱を得ることはかなり少なくなりました。
 他方、電気も不可欠なエネルギーです。テクノロジーが発達してきた現代において、パソコンやテレビなどの精密な機械には電気が必須です。さらに、電動ノコギリや洗濯機などの大きな力を必要とするもの、電動の自動車や車いす、照明など、多様な使い方がされています。バッテリーとして蓄えておくこともでき、運搬の面でも非常に優れたエネルギーです。

 電気製品の中には、熱を得るためものもあります。トースター、電気こたつ、ヒーターなどがそれです。ただし、エネルギーの無駄をできるだけ抑えるならば、熱を生む電気製品と熱で電気を発生させる方法について考え直すべきだと思います。
 火力発電やバイオマス発電などは、石油や木質材料を燃焼させてタービンを回し、電気エネルギーをつくる手法が主です。そうやってつくった電気が各地へ移送(送電)されて使われます。熱源を電気エネルギーに変換する過程と送電の過程で、かなりのエネルギーロスが生じていると想像できます。一説によると、送電の過程で生産した電力の1割が失われるという話もあります。
 熱を生む電化製品を使うことは、「熱の発生→熱から電気へのエネルギー変換→送電→電気製品によって電気から熱へのエネルギー変換」という回り道をすることになります。エネルギー効率を考えると、とてつもないロスを経て小さな熱源を得ていることになります。

 そうなってくると、バイオマス発電についても考え方の転換が必要になります。バイオマス発電は、ダイレクトに熱源となり得るものをわざわざ電気に変換するわけですから、エネルギーロスの最たるものです。例えば、バイオマス発電で得た電気でパンを焼くことを実現させるより、薪オーブンでパンを焼く設備・手間・時間をつくることに力を注ぐべきです。そうやって代替可能なエネルギーを確保し、本当に必要な電力量の想定と生産を進めることが肝要です。

 繰り返しになりますが、電気は不可欠なエネルギーです。しかし、機能や仕事に応じて、電気以外の選択肢を用意しておくべきでしょう。精密機械など電気の代替がきかないものはやむを得ないとしても、調理器具、暖房器具、乾燥機などは薪や炭の熱で代用できます。そもそも、オール電化して何でも電気で賄うとなると、たちどころに発電側が追いつかなくなります。
 電気の生産(発電)については、化石燃料からバイオマス燃料への切り替えが必須ですし、風力や太陽光による発電の普及も急務です。合わせて、電気を身近なところでつくる試みも必要になるでしょう。1箇所で大規模に発電をして送電するより、小規模な発電拠点をたくさんつくる方がリスク分担もできます。
 そうやって適切なエネルギー源の見極め・生産・利用を制御していくことが、テクノロジーの進展と資源の有効利用を両立させ、持続的な暮らしの基盤をつくることになると思います。
[PR]
by senang | 2007-01-25 17:34 | 【2】エネルギー
薪小屋(もどき)をつくりました
e0052074_13471616.jpg

 念願の薪小屋をつくりました。いえ、小屋と呼べるほど立派なものではなく、とりあえず薪を置く場所を確保しました。家の日当たりの良い壁に沿って、屋根を延長したような感じです。柱が曲がって(見えて)いたり、屋根が波打って(見えて)いるのはご愛敬。格好良さは二の次にして、雨がしのげて雪に押しつぶされなければよいという感じです。・・・柱や屋根がまっすぐではありませんが、強度的にもきっと大丈夫です。
 ここに格納できる薪の容量は、奥行き0.9m×高さ1.6m×幅5m=7.2立方メートル。1日あたりの薪消費量が0.09立方メートルくらいですので、7.2立方メートル÷0.09立方メートル=80日分。これは、ストーブを焚く期間が半年あるとすると、その4割強に相当します。
 見方を変えると、1年間の薪をストックしておくには、保管場所がもっと必要だということになります。この小屋(もどき)に加えて、さらに1.5倍の薪置き場がいるということになります。春先になったら、さらにスペースを追加しようと考えているところです。

 作業を終えてみると、問題点がたくさん残りました。支柱などの材料の選び方、根太と屋根板のつなげ方、柱の立て方や固定の方法など、反省材料をたくさん蓄積することができました。実際に作業をしてみなければわからないことが実に多く、できることならやり直したい点もあちらこちらにあります。
 色々なことを学ぶための良い経験ができました。問題点を次回に活かし、1回目より2回目の方がきっと良いものをつくることができるでしょう。
[PR]
by senang | 2007-01-25 14:18 | 【2】DIYな暮らし
環境の連鎖 暖冬のツケは夏にやってくる?
e0052074_9135640.jpg

 ここは山陰の豪雪地帯なのに、今シーズンの冬はほとんど雪が降っていません。12月末と1月上旬に15cmくらいずつ降ったきりです。それらもほとんど消えてしまい、屋根の雪が落ちて溜まっていた箇所にわずかばかり残っている程度です。
 積雪量2mという昨シーズンもおかしな状況だったのですが、それ故に去年と今年のギャップの大きさを感じています。そして、自然のリズムが大きな変動を始めたことに対して、何かが変化しはじめている兆しを感じます。

 さて、「雪がない」ということがどのようなことなのかを考えてみました。雪がなければ除雪の手間が省け、道路事情も良く、何かと過ごしやすいとは思います。しかし、この地方の生活や仕事のリズムは、冬場に空から大量の水分が降ってくることによって成り立ってきました。雪があるべき時にないということは、そのリズムが大きく狂うことになります。

 通常は、冬の間に雪が降り積もり、それらが春になって溶け、山々の小川や地下水などの水脈となり、田畑を潤します。多くの水は、雨や雪が降った直後に表層に出てくるのではありません。土を通って地下水脈となり、一定のタイムラグを経て我々の目に見える形で姿を現します。
 人間本位の考え方をすると、今の時期に天の恵みである水(雪)が少ないということは、生活がしやすいから良いと楽観視できない側面があります。例えば、今年の夏あたりに大きな水不足になることも考えられます。水がないことによって、水を必要とする農業や人々の生活が困窮するだけで済むのならまだ良いのですが、周囲の環境が変わることも大いに考えられます。例えば、動植物の大量発生あるいはその逆などが、かなり高い確率で生じると思います。

 雪が少なくて過ごしやすい冬のツケは、夏になって払わなければならないのかもしれません。生物は、地球のリズムに素直に従って生きています。我々は、それらを夏になってにわかに害虫獣扱いするのではなく、今から長期的に危機を想定することが必要だと感じます。

 今の時期は特に、環境の変化に対応してやっていける柔軟性が人間の考え方や行動に必要なのかもしれません。
[PR]
by senang | 2007-01-24 09:46 | 【2】環境との対話
目的縁(知縁)によるグループ
 僕の周囲には同じような趣味(?)を持つ友人がいます。それらが集まり、薪を集めること、資材を集めること、火を焚くこと、その火で調理することなどの活動を行うことがあります。これらの活動には、それなりの労力が要で、数人で力を合わせて1つの物事を成し遂げ、その成果を分け合うという仕組みが何となくできあがっています。
 例えば、薪集めの場合。山や果樹園で薪があるという話があれば、2トントラックや軽トラックに数人が乗り合わせて集合します。そして、力を合わせてガーッと積み込み、集積場所へ運び、ドドドッと荷を下ろします。その後、それぞれに薪を分配して使うこともあれば、みんなで一緒の活動で使ったりします。

 このように、資源を得るためには同じ目的を持つ者が集まって力を合わせ、目的を達成しなければならない状況が多々あります。その目的が明確になり、構成員と役割分担が発達してくると、共同体としての組織化が進みます。

 農業機械が普及する前などは、集落全員が出て農作業を行い、農家それぞれの助け合いの中で農業が成り立ってきました。それは、「結い」、「手間替え」、「テゴ」などと表現されています。集落は、地縁によって成り立っている農作業の共同体であると同時に、葬儀、祭り、道の補修などの生活の維持も担ってきました。
 モータリゼーションと分業化と個人主義化などが進んだことにより、現在は集落の意義や帰属意識が低下しています。もっともそれは、必ずしも悲観すべきことではなく、農山村であっても過去数十年の間に大きな変貌を遂げた社会に対して、旧来の仕組みが密接に対応できていないという客観的な見方をすべきでしょう。

 地縁は依然として重要な面もありますが、同じ集落に住む者であっても、考え方が均一ではありません。現代は、地縁のカウンターとして、目的縁を持った集団によって生活や生業を成り立たせるという発想も持つべきなのかもしれません。
 価値観の多様化と言われている現在、目的縁(しかも集団化しなければ達成できない目的)は、個々の知的レベルに依拠する部分が大きいのではないかと思います。例えば、自給が必要であるという視点に共感する者が集まれば、薪を集め、食物をつくり、ノウハウや情報を交換しあうといったことを効率よく進めることができます。

 自給を考えるにあたっては、目的縁あるいは知縁による集団化も考慮してみたいと思います。

 余談ですが、僕が今の家に引っ越しするにあたり、薪集めグループから薪のお祝いをもらいました。のし紙こそついていませんでしたが、実用的な贈り物は嬉しいですね。
[PR]
by senang | 2007-01-22 12:20 | 【2】コミュニティ
暖かいところの方が自給しやすいのかもしれない...?
e0052074_22594240.jpg

 今日は山陰の冬には似つかわしくないくらい良い天気でした。冬の間、空が青くて太陽が見える日はほんの数日です。
 今日のように暖かい日はとても過ごしやすいです。寒くないから身体が動かしやすく、加えて、あらゆる労力が軽減されます。日中はストーブを焚かなくても良かったですし、夜になって火を起こしても、いつもより使う薪の量は少なくて済みました。

 そんなこんなで、気温が高いところと低いところでは自給の方法にかなり差があると感じました。

 暖かい場所は、太陽エネルギーをより多く受ける場所ということになります。日本では、北海道や東北よりも九州や沖縄ということになり、地球規模では、極地より赤道付近ということになります。
 暖かい場所では植物もよく育ちます。生長量が多いということは、食糧やエネルギーなどの使用可能な資源の量も多いということです。すなわち豊かであるということになります。
 また、暖かければ暖を取る燃料も少なくて済みます。燃料がよく育つうえに、そんなに使わなくてもよいということになります。さらに、沿岸部であれば豪雪の心配もしなくてよいのかもしれません。
 こう書くと、暖かいところの方が過ごしやすく、自給をする条件が良いというように聞こえます。資源の面から考えると、それは事実でしょう。
 ただし、寒いところであっても暖かいところであっても、土地ごとに固有の長所と短所があります。そして、古来からその地で生存するために最善の方法がとられてきたことでしょうし、それが文化をつくってきたのだと思います。結局は、どこかに特定のパラダイスがあるのではなく、「住めば都」という諺どおり、肝心なのはそれぞれの土地でいかに良く暮らすかということになります。

 ところで、暖かいところの方が過ごしやすいといっても、世界規模で平均気温が上昇している昨今の状況はとても気になります。冒頭で述べたように、快晴で気温が高い今日のような日は過ごしやすいのですが、それ以上に地球上で起こっている変化がとても気になってしまいます。
[PR]
by senang | 2007-01-20 23:28 | 【2】自給について
自給生活にはマルチ性が求められる
 自給生活は、あらゆることを手がけなければなりません。

 家の修理やより良い暮らしのため、大工仕事は頻繁に行っています。時には大工仕事のための設計も必要です。ストーブや風呂釜を焚くためには、火をコントロールする術を身につけなければなりません。燃料を蓄えるために山へ分け入って間伐をし、割って乾燥させます。間伐1つを取っても、かなり高度な技術が必要になることがありますし、それ以上に、何十年もかかって育った木を一気に切って薪にするわけですから、感謝の気持ちを持ち続けることが大事です。さらに、春になって食べ物を自給をするようになれば、今以上に仕事は増えることでしょう。
 当然ながら、生活に費やす時間が多くなり、手間と時間が慢性的に足りていない状態です。大袈裟に言えば「生活に追われる」という状況なのかもしれませんが、カッコ良い表現をすると、「マルチタイプでなければ自給的生活はできない」ということになります。

 勿論、現代社会においては、食べ物やエネルギーを得ることは、お金で買うこと、すなわち外部化することで自分自身が全てに携わらなくても可能です。そうなると、食べ物をつくる人、燃料を運ぶ人、大工仕事をする人などが専門化されてきます。職業とは、このような分業制に基づいて、生活や社会活動に必要な技能が特化されることだと言えます。
 専門分化の究極型が都市化(都市文明化)ではないかと思います。分業制を効率よく進展させるために、建物、街並み、働き方、人間関係、さらには暮らし方がデザインされています。

 マルチタイプが求められる自給的生活は、都市・都市文明と対極に位置しているのかもしれません。そうなると、自ずと論理や掟のようなものにも差異が生じることとなります。

 マルチ性に基づく発想と、それを具現化する行動。自給の原点にはそんなことが重要なのかなと思ったりしました。
[PR]
by senang | 2007-01-18 18:04 | 【2】自給について
少ない資源でいかに良く暮らすか その3「天井の断熱」
 部屋から暖かい空気を逃がさないために、天井に断熱材を敷きつめました。

 妻は、「部屋がいつまでも暖かくならないのは、せっかく暖めた空気が天井から逃げているんじゃないか」とのことです。確かに、天井の板と板のあいだに隙間があり、そこから屋根を透かし見ると、なぜだか光が漏れています。妻はそれを見て、「シュウシュウと熱が逃げている!」と鼻息を荒くしていました。

 それで、断熱材(グラスウール)を買ってきて、天井裏に登って一面に敷くことにしました。

 天井裏は真っ暗かと思いきや、屋根と壁の間に隙間が空いており、そこから外が見えました。明るくて懐中電灯は必要ありません。部屋から天井板越しに見えた光はこれだったんですね。隙間からは、ネズミや猫が楽々と出入りできます。屋根の裏側にはスズメバチの巣も数多くありました。
 天井板を踏み抜かないように梁にへばりついて移動し、チクチクする断熱材を敷きました。作業の最後には、屋根と壁の隙間を埋めました。

 断熱作業をした後、一気に室内が暖かくなりました。暖かい空気が天井から逃げなくなったためだと思います。ただし、今度は部屋の床付近と天井付近で気温差が大きくなりました。次なる作業として、天井の近くに小さなファンをつけようと考えています。
[PR]
by senang | 2007-01-18 17:27 | 【2】DIYな暮らし
薪で風呂を焚く
 毎日使う風呂。今回は、どのような方法で、どれくらいのエネルギーや労力をかけて風呂を沸かしているのかについて紹介します。

e0052074_444615.jpg

 まず、どれくらいの水を湯にするのかについてです。数字で○リットルと言ってもピンとこないかもしれませんし、厳密に量ったこともありませんので、これくらいということでご理解ください(上の写真)。4人家族で、一般的な大きさの湯船にほぼいっぱいに水をためて湯にします。

e0052074_4472898.jpg

 1回に使う薪の量は、だいたいこれくらいです。長さ30cmくらいのものを軽く一抱えといった感じです。各種の木や建築廃材など様々で、とりあえず燃えればよしという感覚で集めています。前の主がストックしていたものをメインに、知人からもらったり、建築現場からもらったり、解体した小屋をもらったりして使っています。
 木は、広葉樹もあれば針葉樹もあり、竹もあります。生木は水分を含んでいて燃えにくく、例え火がついても温度が上がらないので、伐採後数年を経て乾燥したものを使っています。竹を燃やす時は、破裂防止のために節を抜いておく必要があります。
 板などの建築廃材には、釘などがついていることもあります。釘や金具は取り除いてから燃やすことがベターですが、取れない場合はそのまま燃やしてしまい、後で灰と一緒に集めています。塗装がしてあるものは、燃やした時に妙なガスが出ても困るので、極力使いません。
 写真のような大きなものの他に、焚きつけ時には枝、薄くて柔らかい板、段ボールや雑誌などの紙類も用います。

e0052074_515360.jpg

 使用している釜は、ダイヤモンド工業社製のもので、借りた家に設置されていました。古い製品のようで、色々と検索しましたがどこにも載っておらず、正しい使い方も含めてどのようなものなのかが未だにわかりません。とりあえず、焚き口に燃料を入れて火をつけると、風呂場から循環してくる水を暖めることができるということだけ理解しています。
 本体の最下部に通気口(黒い蓋のようなもの)が2つあり、これで空気の流量を調節して炎の勢いをコントロールします。湧きすぎに気づいた時は完全に閉め、一気に強制消火することもできますが、不完全燃焼で釜場が煙だらけになってしまったこともあります。
 今は、もっと性能の良い釜が売り出されているようですが、我が家は現在の釜が十分に機能しているので、当面はこのまま大事に使い続けようと思います。

e0052074_4575497.jpg

 小さい火から段々と大きくしていき、釜を暖めます。火の勢いに応じて適切な大きさの薪をくべていきます。釜を早く暖めていかに少ない燃料で早く湯を沸かすかということが重要ですが、その日ごとに状況が異なりますので、現在も勉強中です。
 真冬の現在は、湯船の湯がちょうど良い温度になるまで1時間少々かかります。所要時間は水温や気温によって変わってくるらしく、夏場はもっと早くなるのではないかと思います。
 面白いことに、水が温い状態になるまで最も時間がかかります。今のところ、冷水がぬるま湯になるまで40分くらいかかり、その後はすぐに湯になります。時間と水温は正比例の関係ではなく、幾何級数的なのかもしれません。それで、湯になるまでの時間が短いので、火を落とすタイミングを逸してしまうと、浸かることのできないほどの熱湯になってしまいます。

 時間はかかりますが、燃料を集めること、火をつけること、空気を調節して炎をコントロールすること、水を温めることなど、多くのことを勉強させてもらっています。そして、何よりも嬉しいのは、息子が「ためる風呂より、父さんが湧かしてくれた風呂の方が暖かくて気持ちいい」と言ってくれることです。
[PR]
by senang | 2007-01-15 05:21 | 【2】DIYな暮らし