カテゴリ:【1】人類の適正規模( 5 )
祝! 人口減社会 2 -「横ばい型社会」を構築する-
 昨年末に速報値が出た時にも記事を書かせていただきましたが、人口減少は嘆かわしいことではなく、社会的な問題を生み出すだけのものでもありません。というより、人口が減ってきていることを次の時代の社会を再構築するためのチャンスとすべきです。
「祝! 人口減社会」(2005年12月20日)

 税収が減って公共事業ができなくなる、年金を給付する人口より納付する人口が少なくなっている、このままだと介護保険も厳しい・・・など、人口が減ることによって困難な局面に突き当たります。どんなに知恵を絞っても、既存の社会システムの中で考えている限りにおいては、この局面は決して突破できないでしょう。

 現在の日本の社会システムを疑ってみてください。

 現代の日本社会は、人口が右肩上がりに増え続けることを前提としてつくられています。そのため、人口が減り始めると、税収や年金に支障をきたし、徐々にシステムダウンしてしまうという寸法です。そして、そのうち立ちゆかなくなって破綻することは明白です。
 人口だけではなく、同じ理屈であらゆることが考えられています。経済界、会社の業績、個人の出世、貯金なども、右肩上がりでなければならない、増え続けなければダメだ、という発想に取り憑かれていると言えるでしょう。

 「人口が増える」、「成長し続ける」というタイプの社会を脱皮してみてはいかがでしょうか。「成長型社会」に対し、たちまちは、人口が増えも減りもしない「安定型社会」、言い換えれば「横ばい型社会」を目指す時期に来ていると思います。人口が一定である将来を考えることに、社会システム再構築のヒントがあります。

 もう1つヒントを述べておきます。
 これからしばらくの間は、依然として人口減少が進みます。しかし、首都圏や都市部ではやはり人口が集積され、地方や農山村では人口が減り続けます。人口減社会によって、全国規模で見た1人あたりの資源配分量は増えますが、このままいくと、都市では逆に資源配分が厳しくなって閉塞感を増すこととなり、田舎は資源を使わずに持て余し、放置することになるでしょう。

 関連記事のリンクを記しておきます。お時間がありましたらどうぞ。
 「日本は1億人を養えるか?(その2)」(2006年5月26日)
 「20世紀的価値観から抜け出せ!」(2006年5月11日)
[PR]
by senang | 2006-08-06 01:53 | 【1】人類の適正規模
日本は1億人を養えるか?(その3)
 同じ日本国内といえども、養うことのできる人数は場所によって異なります。それはつまり、資源がどこで生産されるのかということです。単純に考えて、エネルギーと食糧は都市部で生産できません。

 それは土がないからです。

 近未来において、エネルギーと食糧の再生産を行うことのできるのは、土がある農山村あるいは里山地帯であるということになります。この前提に基づき、農山村での試算を行ってみました。
 モデルとして取り上げたのは、僕が住んでいるI町。I町は人口約6,000人という中国地方のてっぺんにある小さな町です。高度経済成長期以降に過疎化が進み、その流れは今も続いています。I町の農林地を元に、試算を行いました。

 農地の現況に基づく扶養可能人数
  農地面積904ha÷必要農地面積0.15ha/世帯=6,027世帯
  6,027世帯×5人=30,133人=約3万人

 林地の現況に基づく扶養可能人数
  林地面積21,156ha÷必要林地面積/世帯3.25ha=6,510世帯
  6,510世帯×5人=32,548人=約3万人
  ※I町の林野面積は21,156haで、ほぼ全域が里山に該当します。

 繰り返しになりますが、木質系バイオマスによるエネルギー供給を考えた場合、日本の生存可能人口は1,154万人。現在の総人口の1割程度です。一方、I町では今の5倍の人口が生存可能です。ちなみに、日本の人口の7割が都市部に集中しています。
 このことから、日本の人口と資源は、分布バランスがかなり悪いと感じます。そこで、資源をどのように活かして配分するのかを考えることが重要になります。100年を見越し、国のバランスを考える試みの必要性を痛感しました。
[PR]
by senang | 2006-05-26 13:18 | 【1】人類の適正規模
日本は1億人を養えるか?(その2)
 「日本は1億人を養えるか?」というテーマに基づき、理論的なシミュレーションを行ってみました。過去記事でも里山の面積に着目して同様の試算を試みており、今回はこれに農地を加えて再考したものになります。面積のみを元にした試算であり、かなり大雑把なものであることをご了承ください。

条件の設定
 生存条件を次のように設定しました。
  1)物質的豊かさは格段に落ちる。物質的水準の維持・発展は考慮しない。
  2)生存に必要な最低限のものとして、食糧とエネルギーの確保・供給に絞る。
  3)資源の100%国内自給を想定。
  4)エネルギー源は木質系バイオマスを想定し、林地に依拠する。
  5)食糧は米と野菜の確保を想定する。
  6)1世帯を5人家族として計算。

理論実験の展開
 既往の文献や経験値などから、人間が消費する資源、資源を生産する土地の面積を次のように設定しました。

 食糧
  1)1世帯あたり年間500kgの米を食べる。
   →米の収穫量は5,000kg/1haより、0.1ha/世帯の水田面積が必要。
  2)畑として水田の半分の面積が必要であると想定する。
   →0.05ha/世帯の畑が必要。
  3)肥料供給源として水田の2~3倍の面積に相当する山林が必要。
   →0.2~0.3haの「採草地」が必要。

  1世帯が暮らすために必要な農地・林地
   農地:0.1haの水田+0.05haの畑=0.15ha
   林地:0.25haの採草地

 エネルギー
  160~170世帯分の電力を木質系バイオマス発電で持続的に賄うには
  500haの山林が必要。
   →1世帯が持続的に電力を得るには3haの「電力林」(造語)が必要。

 農地の現況に基づく扶養可能人数
  全国の農地面積3,675,820ha÷必要農地面積0.15ha/世帯=24,505,467世帯
  24,505,467世帯×5人=122,527,333人=約1億2,253万人

 林地の現況に基づく扶養可能人数
  全国の里山面積7,500,000ha÷必要林地面積/世帯3.25ha=2,307,692世帯
  2,307,692世帯×5人=11,538,462人=約1,154万人
  ※日本の林野面積は2,500万haで、このうち里山に属する面積を用いました。
  ※里山面積は、600~900万haと言われており、その中間値を取りました。

考察
 日本の農地をベースにすると、1億人規模を支えることは可能です。ただし、国内で生産できる食糧に限られるため、多様性は格段に失われます。また、ここで示した生産量(収量)は、機械化と化石燃料の使用に支えられたものであり、単位土地あたりの生産効率が最大になっています。化石燃料からの脱却を考える場合、生産効率がかなり悪くなり、生存可能人口も低下することを覚悟しなければなりません。
 食糧生産を考えるうえでも、エネルギーの確保が重要な課題になります。エネルギー源として木質系バイオマスを想定すると、供給量は林地面積に依拠することになります。ところが、現在の里山面積をもとに計算したところ、家庭用電力を基本として養うことができるのは約1,154万人。さらに産業的電力使用(農業を含む)を勘案すると、生存可能人口がもっと少なくなるのは必至です。ちなみに、上記の計算の分母に日本の全林野面積(2,500万ha)を当てはめても、生存可能なのは3,846万人という計算になります。しかし、奥山にまで手をつけることは作業工程の面から現実的ではないうえに、環境の持続性を著しく欠くことにもなります。
 以上より、日本で生存できる人間の適正量を決める資源上限は、食糧よりエネルギーの方が低いと考えられます。具体的には、電気のない(大きなエネルギーを必要としない)前近代的な生活を受け入れるのであれば1億人近くが生存可能であり、近代的な生活水準を求めるのであれば適正規模は1,000万人程度にとどまるということになります。
[PR]
by senang | 2006-05-26 10:48 | 【1】人類の適正規模
日本は1億人を養えるか?(その1)
 昨夜、日本が鎖国したら何人まで生きていけるのかということを妻と話していました。数字の根拠はありませんが、妻の見解は以下のとおりです。
  ↓
 生活レベルを維持することは無理。
 今の生活を続けていると、近いうちに滅びる。
 日本で何人が生きていけるのかは、生活を変えることを前提に考えるべき。
 「生きていける=食べていける」という発想をすると、今の1億人規模は養えると思う。

 発想の根本はなるほどと思いました。しかし、今の日本は食糧の6割を輸入に頼っている現状があり、その分を自国の食糧(農業)でカバーすることができるのかが問題です。これについて、妻はさらに続けます。
  ↓
 だって、食べ物をたくさん捨ててるじゃないか。
 捨てているのなら輸入しなくてもいい。
 だから、そんな生き方してたら滅びるって。
 あるものをある時に食べることを基本にしなければだめ。

 1億人という数字が当たっているのかどうかわかりません。それでも、農地をフル活用した時の扶養人数がどれくらいなのかという計算はできます。まずはこのあたりから検証してみたいと思います。
 また、仮に1億人が生きられるとしても、現在の社会システムに頼らないこと、20世紀的価値観を変えることが大前提となります。農地や食糧生産などの物理的な課題が解決しても、むしろこちらの方が困難であり、「滅び」の引き金になるのかもしれません。
[PR]
by senang | 2006-05-24 09:49 | 【1】人類の適正規模
プロローグ -資源限界とのバランス-
 資源の供給量には限度があります。まず、化石燃料が無尽蔵ではないことは周知のとおりです。また、バイオマスをはじめとする太陽由来のエネルギーは、長い目で見ればほぼ無限に近いと考えられますが、時間あたりの供給可能量(例えば植物の生長量に比例)、輸送可能距離、単位あたりのエネルギー効率などに上限があります。農地にも限りがあり、生産される食糧の量にも上限があります。
 このような限られた資源の中で、我々はどのように生きるのか。先の記事でも、今の時代にそれを考えることが重要だということを述べました。さらにここから、とても興味深いテーマが浮上してきます。

 資源の上限を勘案した場合、生存できる人間の適正量はどれだけか?

 このテーマをどぎつく言い換えれば、「人間は何人まで地球上に存在してよいのか」ということになります。個人的には、地球にとって今の65億人という数は多すぎると考えていますので、「人間は今の水準から何人まで減らなければならないのか」ということにもなります。
 具体的な数量は、人類の生き方によってかなり異なってきます。依存する資源によっても違います。生き方には様々なシナリオと数多くのオプションが考えられるでしょう。人口を減少させる(減少させられる)時間スケールの取り方によっても、そのプロセスが大きな痛みを伴うものなのか、軟着陸が可能なのかが異なってきます。エネルギーの切り替えに要する時間も考慮に入れなければなりません。
 つまり、単純な予測が難しいため、適正規模を明確に示すことも簡単ではないということになります。それでも、最善のシナリオと最悪のシナリオを描きながら、少し幅を持たせた将来像を描いてみる必要があると感じています。
[PR]
by senang | 2006-05-21 21:09 | 【1】人類の適正規模