草刈り部隊、出動
 レンジャーは新品の草刈り機を手に、早速現場へ急行。この日はTK大学とSK大学の混成チームで、その他のスタッフを入れて総勢7名で作業をしました。

e0052074_2491477.jpg

 草刈り機をほとんど初めて扱うというレンジャーもいましたので、まずはプロにレクチャーを受けます。先生の後ろにあるくぼみは、イノシシがミミズを食べるために掘ったものです。

e0052074_2515833.jpg

 一斉に作業を進めます。結局は「習うより慣れろ」。最初はおっかなびっくりだったレンジャー達も、しばらく放っておいたら段々とリズム良く刈るようになりました。

e0052074_2562467.jpg

 初めてのレンジャーが多かったとはいえ、数が多ければ早く進みます。半日で0.4haくらいを刈りました。

 今後、ここに堆肥を入れ、耕起して、菜の花の種を播きます。9月中にこれらの作業を終えておく必要がありますので、これからの約半月に作業が集中します。

【後日談】
 この日は7人だった草刈り部隊は、都合により次の日からレンジャーとプランナーの2人になってしまいました。僕は、若い彼らを「バリカンズ」と命名して激励したのですが、さすがに2人では作業がはかどらなかったようです。
 さらに、「バリカンズ」隊長がスズメバチに刺されてしまい、しばらく後に軽いショック症状が出てしまいました。幸い、命に別状はなかったのですが、しばらく経っても手がパンパンに腫れ上がっているとのことです。
[PR]
by senang | 2007-09-15 03:05 | 【3】プロジェクト
<< エコ・ワーク・キャンプ その1... 草刈り機とチェーンソー >>