体は水の循環でできていることを実感する
 昨年までに比べて、今年の夏は外での作業が格段に増えました。最近は、炎天下で家の周りの草刈りや薪づくりや社会実験での調査などを行っています。腕や顔など、外に露出している体の部分は、日に焼けてすっかり黒くなりました。服を脱いだら、上半身はパンダのようです。
 暑い時期ですので、たくさん汗をかきます。その分、たくさん水分を取ります。1日に飲む水の量は、2リットル近くになることもあります。水が体から出て行き、出尽くしたところで補給することによって再び全身に水がしみわたる感覚を味わっています。飲んだ直後から再び汗が噴き出します。体は水の循環によってできているんだなぁということを実感します。
[PR]
by senang | 2007-08-20 15:30 | 【2】環境との対話
<< これからのプロジェクト -レン... ドボーン! >>