里山レンジャー説明会
 具体的に社会実験を担う人材として、里山プランナーと里山レンジャーを想定しています。両者について6~7月のところで公募を行いました。

 里山プランナーは、現場での段取り役・調整役です。社会実験を進めるにあたって、どの場所で何をするかを企画したり、必要な道具の確保や準備を進めたり、住民や関係者組織などと交渉を行ったりします。
 公募&選考の結果、5名が確定しました。4人が30歳代で、1人が50歳代です。予想以上に専門性の高い人材が集まりました。うち1名はYエリアに住み込み、現場密着型で作業を進めることにしています。あとの4名は月に数日程度来ていただき、調査を行うと同時に専門的な見地からのアドバイスをいただきます。

 「里山レンジャー」は、大学生を中心に組織される実戦部隊。集落での調査の他、草刈り、放牧、廃屋の改修、エネルギー作物の栽培などに携わる予定です。
 昨日、里山レンジャーへの説明会を行いました。「里山の資源を活かした社会実験」というキーワードに、焼き畑や空き家改修のイメージ写真が載ったポスターをみて応募いただいた方々です。応募があったのは、結果的に20名を超え、説明会に来たのは13名。
 きっと、ポスターだけでは何をするのかわからなかったと思います。なので、説明会では具体的な作業を細かく説明いたしました。それでも、「これまでうち捨てられていた資源を使う」という前例があまりないため、内容がうまく伝わらなかったかもしれません。説明後は質問や意見が1つも出ませんでした。というより、彼ら・彼女らには里山での作業や手入れについて実体験がないために、具体的なイメージがつかめなかったのかもしれません。

 里山レンジャーの20人がいかに楽しみと主体性を持つことができるか?それが社会実験の成功の鍵だと思います。説明会では質問も何もありませんでしたが、大学の授業とは違って、自分で企画して動いていくことの難しさと面白さを感じてほしいと思います。
[PR]
by senang | 2007-07-31 17:07 | 【3】スタッフ
<< 空き家調査 ウッドボイラー >>