自給十箇条<chapter2中間まとめ>
 chapter2の中間まとめとして、これまでの自給的生活でわかったことや感じたことをまとめておきます。

■生存の大命題「環境容量の中で生きる」
 これは常々言わせていただいていることであり、個人や世帯の生き方のみならず、地球上に生きる全人類に共通するルールです。
 環境容量の中で生きることは、太陽エネルギーをベースとした様々な成長量と言い換えることができます。例えば、動植物が1年で成長する分を1年かけて消費すると表現するとわかりやすいと思います。収奪しすぎないように、持続的な暮らしの設計が必要になります。
 さらに、資源の消費や収奪について考えるだけではなく、それをどのように使うのかについても熟考を要します。今の暮らしぶりを見直さずにインプットだけを考えていてもいけないということです。このまま人口が増えれば、地球の環境容量はすぐに上限に達してしまうでしょう。そうならないように、環境容量を絶対的な上限に据えて、多少不便になっても無駄や浪費のない生活を再構築することも必要になります。
限界を認識する
あなたは生活レベルの低下に耐えられますか?
新しいモノサシ 「地球を壊すか・壊さないか」
経済学者・人口学者のロジック

■1家族に必要な面積は3~4ha?
 理論値ですが、5人家族が持続的に生活するために必要な面積は、農地0.15ha、林地3.25ha。合計すると3.4haの土地が必要ということになります。ただしこれは、華美で浪費的な暮らしに基づくものではなく、最小限の生活を送るために必要な資源量を前提としたものです。
 我が家が使用・管理している敷地は全部で約3haあり、だいたいこの数値に当てはまります。農地は十分すぎるくらいあって管理が大変なのですが、燃料を採るための山林がやや少ないかなという気がしています。
日本は1億人を養えるか?(その1)
日本は1億人を養えるか?(その2)
日本は1億人を養えるか?(その3)
18立方メートル/36本

■備えあれば憂いなし/自給は1日にして成らず
 自給生活の基本です。土地があること(所有ではなく利用する余地があること)、それを使える状態に手入れしてあること、そこから得られる資源が確保できていることなどが自給の備えになります。これは、必ずしもお金で買えるものではないということから、事前の準備やそれなりの手入れが必要になります。逆に、これらが備わっていない場合、様々な面で歪みが生じてくると思います。
 この備えは、一朝一夕にできるものではありません。薪を例に取ると、秋に木を伐り、冬を越して春になって割り、夏の間は寝かせて冬が来たら使うことができます。次の年のことを考えた段取りと作業が必要になります。
 異常気象があった場合なども、さらにこのことを強く感じます。今年の冬は少雪だったため、山に水が少なく、たちまち今年の作況に影響しています。
間伐 山の手入れと燃料生産
環境の連鎖 暖冬のツケは夏にやってくる?
備えあれば憂いなし

■資源を最大限に活用する手入れが不可欠
 約3haという我が家の管理エリアは、実は相対的な生長量がかなり多いです。それでも、現状では十分な自給資源を確保できてはいません。その原因は、面積の大小にあるのではなく、生長量を効率よく使うことができていない点にあります。
 例えば、3haの大半の生長量が野の草に回ってしまってはいけません。野菜や燃料用材に集中して使われるように手をかけることが必要です。その手入れを怠ると、せっかくの資源も宝の持ち腐れと化してしまいます。
捨てられた農地、取り残された集落

■手入れのために2~3時間/日・人が必要
 手入れを行うためには、ある程度の手間と時間がかかります。イニシャル人役は除外して、ランイング人役のみを試算すると、最低でも2~3時間/日・人の労力が必要となります。これは平均値ですので、農繁期、燃料用材の伐採、薪づくりなどのシーズンには、さらに手間がかかることになりますし、逆に生長量が低くなる(ほとんど0になる)冬季はそれほどの人役を必要としません。
早朝チェーンソー
イニシャルとランニング

■資源の効率的利用は「個別分散」ではなく「集合」で実現
 限られた資源でより多くの人間が生存するためには、効率の良いエネルギーの使い方をする必要があります。暖房で部屋を暖めたり風呂を沸かしたりする場合、1人でも5人でも必要なエネルギー量は変わりません。ならば、できるだけ集約的な暮らし方を考えることも有効です。 個別化・個人化の流れに逆行し、集団化・集合化を意識した住居のつくりや生活のリズムを考えることが有効です。
エネルギー効率から家族の適正規模を考える

■経済的価値観を否定する
 現代社会は専門分化することによって発展してきたと考えることができます。例えば、働いている人々の多くは、特定の分野で技能や知識をきわめて第三者へ提供するかわりに、生存に必要な他の物資、技術、知識などを他者から得ています。その媒介を果たしているのがお金です。
 自給とは、自分(達)のために資源を供給することです。つまり、他者とのやり取りが必ずしも前提条件ではありませんので、どんなに作業をしても儲からないことが普通です。つまり、自給的生活に必要な労力などをお金の単位に換算することがナンセンスであり、自給的生活は経済的価値観(損得勘定)をある程度まで否定しなければ成り立たないという性質のものでもあります。
「買えば済む」という生活はいつまで続くのか?

■自給にはマルチ性が求められる
 経済的価値観を否定する過程では、お金を出せば何でも解決するということも否定することになります。そうなると、生活の中では様々な作業を自分でこなさなければなりません。例えば、日々の家事は勿論のこと、日曜大工、農作業、林業などがあります。当然ながら、これらは商売ではなく自分の生活のために実施するものです。
 大抵の作業を自分でこなすことになるので、相応の技術力、すなわちマルチ性を身につけることが重要になります。
 最初からマルチな人はいません。少し器用な人はそこそこいますが、マルチ性を高めるには器用さ以上に必要な要素があります。それは、自分で自分の暮らしをつくるというクリエイティブな性質(性格)です。不器用ながらも、多くの失敗と少しの成功や達成を繰り返しながら生活することが、マルチ性を高める近道だと思います。
自給生活にはマルチ性が求められる

■貧困に飲み込まれないために
 様々な作業を「しなければならない」と思いながら追われるようにこなしていると、精神的な負担が増します。そんな暮らしではクリエイティブさが発揮できませんし、何より長続きしません。そもそも楽しくありません。精神的貧困に陥ってしまい、全てが悪い方向へ向かってしまいます。
 そこで、生活に遊び心を取り入れ、楽しみながら作業を進めることが自給生活を楽しむコツになります。実生活ベースで自給をしていると、生活に欠かせない燃料や食糧を得るなど、どうしてもクリアしなければならない作業もあります。しかし、それらも含めて生き方そのものをデザインするという感覚が必要です。また、人を迎えることを常に意識した暮らしを送ることも、同様の効果があります。
実用重視
design & entertain

■生き方を見つめ直す
 自給は自然から隔絶されたところで実践することは難しく、資源とその生産の場に近いところでの生活が基本となります。あらゆる動植物に近いところにいると、自分が1人で生きているわけではないことを直感します。同様に、人間は人間がつくった世界だけでは生きられないことも思い知らされます。
 我々は周囲(環境)との関係において生かされており、それを生き方の基本に据えることが必要です。それは現代人が失ったものであり、また、一番必要なことでもあります。自給的生活を通して、そんな当たり前の感覚を呼び覚ますことができます。
4人と数万匹
農家とカエルの関係から「生物との共生」を考える
[PR]
by senang | 2007-06-29 17:50 | 【2】自給について
<< 人間には環境保護が無理であるこ... ヤマガラの雛 >>