イニシャルとランニング
 「イニシャル」と「ランニング」。この言葉に「コスト」をつけると、初期投資と経営資金ということになります。周知のとおり、これは必要なお金を算出する考え方ですが、自給的生活では、「コスト」よりも「時間」や「人役」の方が重要になります。
 とても大雑把な数値ですが、世帯や個人という単位で自給的生活を実践するためには、1日あたり2~3時間程度(約2.5時間)のランニングがかかります。時間を人役に換算すると、2.5時間/8時間=約0.3人約となります。
 必要な時間は季節によって変動があるため、これは平均した数字になります。我が家の場合、風呂焚き、山の手入れと薪の確保、薪割り、畑仕事、草刈りなどがこれに該当し、さらに冬場はストーブを焚く時間も追加されます。

 ところで、現段階では我が家がこれだけの時間(人役)を生活に割り当てることができていません。それは、日々の暮らしの中では仕事、子育て、他の活動が優先されているため、1日たった2~3時間であっても生活に割く時間を工面できないという状況にあるためです。
 また、今の暮らしを始めて半年以上たちますが、まだイニシャル人役とも言うべき作業を行っている状況もあります。つまり、自給的生活のためにわずかばかりの時間を割くことができても、イニシャルとランニングがごちゃ混ぜになっており、時間と人役の使い方に改善の余地があるということにもなります。

 このような反省点を並べてみると、おおむね2つのことが見えてきました。

 1つ目は、自給のために必要な時間をしっかりと確保するということです。2~3時間/日または0.3人役を目安として、まずはこれが確保できるかどうか。2つ目は、時間と労力を効果的に使うため、段取りをうまくするということです。
 自給的生活に入る前に、または、自給的生活を始めてもうまくいかない場合に、このような時間と人役の使い方を再考してみると良いのかもしれません。我が家の場合、まずは仕事の仕方や地域活動の整理が目下の課題です。
[PR]
by senang | 2007-06-17 17:02 | 【2】自給について
<< 木苺 「里山プランナー」 -自給圏域... >>