キジ
e0052074_9281480.jpg

 長い間、声だけ聞こえていたキジ。この度、撮影に成功しました。とはいえ、写真のクオリティとしては全く良いものではありません。家庭用のデジタルカメラのズームを最大にして、家の向かいの山を歩いているところを何とかファインダーに収めたという感じです。
 かなりピントがぼけていますが、真っ赤な顔と胸から腹にかけての濃い緑色がきれいです。鮮明な画像だったら、さぞかし美しいことでしょう。

 家の周囲では、おおよそ3ヵ所からキジの声が聞こえてきます。この写真を撮った向かいの山とその下にある草原(元田んぼ)、そこから谷筋を100~200メートルくらい下ったあたり、家の裏山のずっと向こう側です。キジの縄張りは数百メートルということですが、同じキジが鳴いているのか、別のキジなのかはわかりません。
 キジは日本の国鳥であり、日本固有の種とのこと。しかし、狩猟鳥でもあります。また、桃太郎などにも出てくる親しみのある鳥です。日本人には馴染みの深い鳥だと思いますが、野山で実物を見たことのある方はどれくらいいるのでしょうか。
[PR]
by senang | 2007-05-08 09:52 | 【2】環境との対話
<< 春の花 その3 モクレン 春の味 その6 タラ(芽の採り方) >>