不自然な食べ物
 食糧の自給を考えるのであれば、食生活を変える必要があります。また、必然的に変わらざるを得ません。「ある時にあるものを食べる」ということを基本にして、旬の食材を活かした食事を心がけることになります。
 キュウリができるのはいつの時期か知っていますか?ナスは?ホウレンソウは?キャベツは?バナナは?スーパーにいけば季節を問わずこれらの野菜や果物を買うことができます。しかしそれは、自然の移り変わりを無視して便利さと物質的な豊かさ・多様さを追求した結果です。日本人は、まず食の面で自然のリズムから遠ざかっていると表現することもできます。

 国内でつくっているものを食べるのならまだしも、今の日本人の食生活の大部分は、日本で栽培・生産されていないもので成り立っています。食糧自給率40%(カロリーベース)がそのことを象徴しています。
 日本は先進国の中でも食糧自給率が低いということは周知のことですが、遠方から無理に運んで来たものを食べることが何を意味するのか?さらに、輸入に依存して生きることが何を意味するのか?それによって得られている「豊かさ」とは真の意味で豊かなことなのか?これについて、我々はもっと真剣に考えるべきではないでしょうか。

 例えば、舌の肥えた人は、わざわざアメリカから運んできた肉を食べたいとは思いません。というより、いくら肉が食べたいと思っても、アメリカ産牛肉は食べる気が起こらないらしいです。身体が受け付けないと言っても良いでしょう。そんな理由で、舌の肥えた人は某ファストフード店を避ける傾向にありますし、アメリカ産牛肉は食卓にものぼりません。
 「身土不二」という言葉があるように、その土地で採れたものを食べることが最も身体に良いわけです。「味が合わない」という感覚は、それを身体で関知しているわけであり、実はとても重要なことです。
 食材を買う場合、価格が高いか安いかだけで吟味していると、不自然な食べ物を多く取り入れることになります。そうなると、良いものを身体で判断するという能力を失い、健康で美しい身体をつくることもできなくなるでしょう。

 他所でつくられた不自然な食べ物で不自然な人間になるより、「食糧の自給→食生活の変化(身土不二)→健康な身体」を志向した方が良いと思います。まずは身近な「食」から実践していくことが、「消費型社会」から脱皮する第一歩であり、「持続型社会」構築の近道なのかもしれません。
[PR]
by senang | 2006-08-09 10:21 | 【1】持続的な生き方
<< 今の社会や価値観とは決別する ... 10億円で国をつくる男 「16... >>