生き残ることができるのは全人口の1割!? -日本の場合-
 当然ですが、一口に森林と言っても様々です。戦後に造林されたものもあれば、あまり人の手が入らなかった林もあります。集落周辺で高度に利用され続けてきたものもあれば、人を寄せつけない険しい霊峰もあります。

 ということで、森林についてもう少し考えてみます。
 前回の記事では、日本の森林は使うことで守られてきた側面があると書きました。人の関わり方を基準として森林をとらえると、あまり人が入らない(利用しない)奥山と、動植物の収穫の場とされてきた里山に大別できることも以前に述べました。それでは、この里山と言われるエリアが日本にどれくらいあるのでしょうか。
 そもそも、里山には普遍的な定義がありませんので、何をもって里山とするのかが難しいという問題があります。そんな難しさはこの際置いといて、一説によると(下記参照)、里山は日本に6~9万平方km(600~900万ha)あり、国土の約2割を占めているとされています。

 これを元に、日本人の生命維持装置とも言うべき里山でどれくらいの人間が生きられるのかを試算してみました。

 500haの里山があれば、持続的に160~170世帯分の電力を木質系バイオマス発電で賄うことができるとされています。単純計算すると、1世帯が持続的に電力を得るには3haの「電力林」(造語)が必要になります。
 水田耕作をする場合、肥料供給源として水田の2~3倍に相当する山林が必要になります。1世帯あたり年間500kgの米を食べると仮定すると、必要な水田面積は0.1haなので、0.2~0.3haの「採草地」が必要になります。
 以上を総合すると、1世帯が暮らすには3+0.25=3.25haの里山が必要ということになります。ただし、これに加えて1世帯あたり0.1haの水田を確保しなければならないことに留意してください。むしろ、山よりも農地の確保の方が重要であると言えるでしょう。それでも、山に基準を於いた場合、3.25ha/戸という数字で日本全体の里山面積を割ると、日本の里山地帯の扶養可能世帯は約185~277万戸。今回、世帯人員を5人として計算すると、扶養可能人口は925~1,385万人となります。偶然の一致でしょうが、人口規模が江戸時代初期のものに近くなっています。
 合わせて、別の試算をしてみました。焼畑耕作の場合、1世帯が必要とする山林は20ha。これには燃料と食糧の生産に供する面積も含まれていると仮定すると、扶養可能世帯は30~45万戸、扶養可能人口は150~225万人となります。上記の世帯・人口と対比すると、水田耕作の獲得が人類増殖のブレイクスルーだったことがよくわかります。

 以上はかなり大雑把な数字を用いた乱暴な試算です。しかし、もしも日本が食糧やエネルギーを自給自足しなければならない状況に陥った時、大半の人が飢えるということを示唆しています。そして、試算がほぼ正しいとするならば、人口規模は江戸時代初期の水準、つまり現代の1割程度しか保つことができないということになります。突如として輸入が止まれば、日本人の9割は死んじゃうってことですね。
 農地を広げ、奥山を切り開いて高度利用を進めれば、生き残る割合は1割よりも増えるでしょう。それでも、国土に限りがある以上、環境容量に基づいて人口の上限を設定せざるを得ません。
 ちなみに、江戸時代末期の日本の人口は3,000万人強でした。鎖国していてもそれだけの人口を養っていたわけです。この規模が日本の国土が有する扶養能力の上限なのかもしれません。



--------------------------------------------------------------------
竹内和彦・鷲谷いづみ・恒川篤史編「里山の環境学」東京大学出版会

 日本にどれだけの「里山」があるか。単純そうなこの問いに答えるのは、じつはそう容易ではない。その理由の第一は、里山の定義の難しさにある。
(略)
 そこで、日本における里山の面積は、その定義や用いる資料によって数字が異なるが、「およそ国土の約2割、6万―9万平方km程度」という推計をひとつの目安としたい。
(恒川篤史; 42、45ページ)

 およそ近世から1960年代までの400年間、農家は地域の生物資源生産に大きく依存してきた。(略)穀物・野菜は食糧として、作物残滓や里山の下草や落葉は資料や肥料、燃料として、里山で成長する木材は建築材として利用されていた。
(恒川篤史; 49ページ)

 米穀をはじめとする食糧に加えて、薪炭材、建築材、落葉、牛馬の放牧を可能とする草、ときには石材などを供給する里地は、商品流通・貨幣経済確立以前の時代、農民の生活の基盤となっていた。農民はそれらの持続的供給を可能にするため、自発的地域共同体を形成し、知恵と労力を惜しまない手入れによって里山を維持してきた。
(飯山賢治;174ページ)

 大規模里山(500ha)では、利用可能な木質資源が年間1525t供給される。そのうち、1000tを発電に使ったとしよう。(略)発電量は60万kw時/年となる。日本の家庭の1ヵ月平均電気使用量は300kw時であるから、160-170世帯の年間電気使用をまかなうことができる。
(中川重年;195ページ)

 今、日本の里山林面積を600万haとし、その1割、60万haの里山林を利用すると仮定すると、年間120万t(12×10の9乗kg)の燃料材が得られる。(略)
 日本の一次エネルギー総供給量(1999年度)は、548649×10の10乗kcalであるから(日本エネルギー経済研究所計量分析部、2001)、里山林から得られる持続的な有機物生産量は、日本の一次エネルギー総供給量の0.1%に相当する。
(恒川篤史;214ページ)

--------------------------------------------------------------------
守山弘著「自然を守るとはどういうことか」(社)農山漁村文化協会

 わが国の伝統的焼畑耕作地帯においては、1家族が生活するのにほぼ20ヘクタールの山林が必要であると考えられる。これは佐々木氏が九州・四国山地の焼畑卓越地域のデータをもとに推定した数値であり、私が縄文時代の二次林化率を推定するさいに使った数値である。
(206ページ)

 大正元年というと金肥の比重がかなり高くなっていたはずである。そのような状況のもとでもなお、水田に対しその2~3倍の面積の山林が肥料供給源(刈敷採集用)として必要だったのである。だから、金肥のなかった時代には水田の数倍の面積の山林が刈敷採集用に必要だった、という計算結果はそう間違っていないとみてよいだろう。
(230~231ページ)

--------------------------------------------------------------------
松尾嘉郎・奥薗壽子著「絵ときヒトの命を支える土」(社)農山漁村文化協会

 米の収量は、1ヘクタール当たり約5トンです。
(108ページ)

--------------------------------------------------------------------
[PR]
by senang | 2006-02-05 23:44 | 【0】センシブルワールド
<< ノスタルジー 日本の森林は使うことによって守... >>