フィクションからリアルを変える
 このブログが「センシブルワールド極楽」となる前、ごく私的な小説集「極楽」なるものを書かせていただいておりました。ブログの衣替えに伴い、これまでのコンテンツはお蔵入りしていたのです。
 気が向けば、そのうちどこかに再アップしてみようかなぁとあてもなく考えていました。そしてこの度、新たにホームページにアレンジして公開することにいたしました。公開に至った経緯は、このようなことです(ホームページ「おわりに」より)。
  ↓
--------------------------------------------------------------------

 しかし今、フィクションとリアルを分断して考える必要はないということに気づいたのです。そもそも、フィクションとは何か?空想?空想って何?
 現実社会の動静は、人々が考えていることや行いの結果だと思います。そして、人々が考えていることは、多かれ少なかれ空想に依拠している部分があります。そうであれば現実ではないことにも大いなる意味があるのかもしれません。具体的に言えば、フィクションを世に出し、それを読んでいただくことで複数の人々に共通のイメージを想起させ、世の中が変わっていくという可能性もあり得るわけです。

 つまり、リアルは人間の共同幻想を介して、フィクションと意味を交換しながら存立しているならば、フィクションにも立派な役割があるとうことです。そして、それが公開の動機です。

--------------------------------------------------------------------

 ということで、お暇ならのぞいてみてくださいね。

 極楽(Fiction World)
[PR]
by senang | 2006-01-23 20:23 | 【0】センシブルワールド
<< ウィルス撃退方法 センシブルクイズ 9 >>