宇宙の普遍的ルール 1 宇宙~地球~生命の連鎖
 宇宙には法則というか普遍的なルールがあっても不思議ではありません。むしろ、そのようなルールが存在していなければ、何物(者)も秩序だった存在にはなり得ないはずです。地球上の生命や他の天体が秩序だって存在していることから考えると、宇宙にはやはり何らかの法則性があると考えなければなりません。
 地球も宇宙の天体の1つである以上、宇宙のルールに従って存在していると考えることが妥当です。地球だけに特権的な別ルールがあり、それによって宇宙に浮かんで自転・公転していると考えることは非論理的です。もしそう考えるのなら、天動説と同レベルの自己中心的発想であり、傲慢のなせる技だと言わざるを得ません。
 地球自身が宇宙のルールに従っているとすれば、地球上の物質や生物もそのルールにおいて存在し、生きていると考えられます。そして、宇宙の法則やルールを知ろうとするならば、その情報は地球外からもたらされるだけではなく、地球自身の中にもきっかけがあるということになります。

 宇宙~地球の法則性やルールについて、物理学だけではなく、生物学でもなく、「生命学」的な側面から考えてみてはどうかと思っているところです。
[PR]
by senang | 2006-01-15 22:24 | 【0】センシブルワールド
<< 宇宙の普遍的ルール 2 生態系の持続 NEET, NEET, NEET >>