都市部と田舎 -「人間圏」の中で細分化されたエリア-
 今日、ある町の方とIターンについて話しました。県境の過疎地にあるその町では、かつて子連れのご家族が都市部から移住してきたことがあったそうです。その家族は、喧噪のないところでのびのびと暮らすのが夢。すがすがしい朝は窓辺に立ち、窓を開ければ山から太陽が昇ってくるのが見え、そして週末は子供を連れて遊園地へ行きたい・・・ そう思って田舎へIターンしてきたとのことでした。

 田舎で遊園地...!?

 人様の夢をとやかく言うつもりはありませんが、現実離れしたものも中にはあります。ことIターン者については、自然、田舎、農業などに対して大きな夢と理想を描くのは良いのですが、それがあまりにも現実とかけ離れている方も多くいらっしゃいます。非現実的なスペースを意図的に演出する遊園地などは、まず田舎には存在しないでしょう。あればあったで、人が来なくて採算がとれないか、場末の廃墟のような状態になっているか、運営者の趣味がきいたシュールなものになると思います。
 遊園地はともかくとして、大なり小なり理想と現実のギャップが存在します。人づきあいに疲れたから田舎に来たのに、田舎の方が人間関係が濃いとか。大自然の中で暮らしたいと思っていたのに、田舎の人の方が環境意識が低いとか。車がなければ生活していけないということを知らなかったりとか。農業をしたいのに、農地法のために新規就農者はすぐに農地が取得できないとか。
 島根県の場合、「田舎暮らしがしたい!」「農業がしたい!」という目的を持ってやってきて、定着するのはだいたい5割。あとは生活していくことができなかったり、理想と違っていたために他所へ行ったり、出戻ったりという結果になっています。

 同じ日本人でも、田舎と都市部では意外と意識差が大きいのが実態ではないでしょうか。現実の問題として、「人間圏」の中でもエリアが細分化されていると言ってもよいかもしれません。
 でも、田舎にとっては都市部が、都市部にとっては田舎がなければ存立できません。どちらかが欠けると日本は成り立たないというわけです。このことについて養老孟司氏は、都市部を脳、田舎を身体に例えて表現していますね。脳と身体、どちらかが欠けても人間は生きていけない、と。
 良くも悪くも、都市部と田舎が分化してしまった現代。その現実を受け止めて、田舎も良い意味で変わっていかなければならないし、都市部も現実を知らなければならないでしょう。これからの時代、お互いの理解は不可欠です。

 そうそう、冒頭に紹介したご家族は、また他のところへ越していったそうです。「この町には遊園地がないから」という言葉を残して・・・
[PR]
by senang | 2005-11-30 22:34 | 【0】センシブルワールド
<< お聞かせできないのが残念です 人間として生きるとは >>