「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
開花、もうすぐ収穫
 昨年秋から育てている菜の花。雪が解けて花が咲き、今は種になっています。地ごしらえから種まき後の様子は以前の記事でお伝えしましたので、雪解け後の様子を2枚の写真にてお知らせします。

 3月下旬。秋に育った菜の花は、その後雪に圧されてしまってぺちゃんこになってしまいました。この無惨な姿を見た時、「全滅かなぁ」と思いましたが、ここからの成長ぶりに驚かされました。

e0052074_1885855.jpg


 少し暖かくなってからぐぐっと茎が伸び、1ヶ月くらいで胸までの高さに。4月中旬頃、満開になりました。花畑に近づくと、ミツバチの羽音がたくさんしています。例えるなら、飛行場で離陸を目前にした何機もの小型機が待機しているような感じです。

e0052074_18121821.jpg


 今現在は、茶色く枯れて種になっています。早く収穫しなければ、房がはじけて種が飛散してしまうのですが、時間がないうえに天候が思わしくなく、収穫作業に着手できません。
 ただ、収穫しても、これだけの面積だと種が採れる量はごくわずかです。それでも、種を播いてから収穫までどれだけの手間がかかるのかは体験できます。

 菜の花は連作できないとのことなので、今年は畑を休め、再来年以降に再チャレンジしてみたいと思います。
[PR]
# by senang | 2008-06-25 18:27 | 【2】エネルギー
自給生活、やっててよかった。
 自給的生活を始めて1年以上が経過しました。昨日、もうすぐ10歳になる息子から、最高の賛辞をもらいました。小学校で課題として出された作文の1行です。

 「父さんは、力が強くて、山仕事が上手でかっこいいです」

 今はまだ右往左往しながら暮らしており、決して格好の良いものではないと思っています。それでも、そんなドタバタも含めて、子供はちゃんと見ていてくれるものなんだなぁと感じました。
[PR]
# by senang | 2008-02-28 19:31 | 【2】自給について
メジロ
e0052074_1121044.jpg

 雪が積もると、小鳥の動きがよく見えます。道を歩けば、様々な種類の鳥がすぐ近くから飛び立ったり横切ったりします。我が家の回りの山際にも、ジョウビタキ、ツグミ、ホオジロなどが賑やかに飛び回っています。冬は広葉樹の葉が落ちて、地面が白いスクリーン状態になるので、素早い鳥たちの動きが把握しやすいのかもしれません。
 先日、机に座っていて目の前の窓の外でチラチラと動くものがありましたので目を凝らすと、メジロが1羽いました。この窓は裏山に面しており、よく鳥の姿を見ることができます。鳥もあまり警戒せずに近寄って来てくれるので、部屋にいながらバードウォッチングが楽しめます。

 話は変わりますが、たくさんの雪が積もり、毎日雪かきが必要となるなど、冬も体力仕事が多くあります。それで、「雪はうんざりだ」という声もよく聞こえてきます。
 考え方を変えると、雪や氷という固体の状態ですが、豊富な水に囲まれて暮らしているということを実感します。
 雪かきをしながら、ふとそんなことを思いました。
[PR]
# by senang | 2008-02-25 08:01 | 【2】環境との対話
降って初めてわかったこと
 去年は記録的な少雪でしたが、今年はまずまずの積雪があるので安心しています。やはり、降るべき時に降るものがなければ不安になります。
 とはいえ、今の家に住んで初めて本格的な積雪を迎え、予期していなかったことが連発しています。最も驚いているのは、積雪量が多い地方なのに雪のことを考えて設計された家ではないことです。借家住まいの身分で偉そうなことは言えませんが、家の前の主は何十年間もどのように冬を過ごしてきたのかがとても疑問です。

e0052074_0501615.jpg


 公道から玄関先まで50mくらいあり、雪が降るとその間の除雪が大変です。前々から、冬は除雪が大変だなぁと想像していましたので、これはさほど驚いていません。しかし、お年寄りの1人暮らしや女性のみの世帯だったら、家から出ることができないということもあり得ます。
 上の写真は、公道に至る道を除雪した状態のものです。車が右に左にと滑るので、家に出入りする度にボブスレーのようなスリルを味わっています。

e0052074_0342530.jpg


 一番の問題は、玄関から続く道に屋根から落ちてくる雪が大量に溜まることです。軒先の真下にどんどん雪が落下してきて、歩ける場所がなくなります。それで、少しでも雪が少ない軒の内側を除雪して通路にします。ところが、きれいに通ることができるようにした翌朝には、また通路が塞がっています。積もっては落下し、除雪し、また積もっては落下するという繰り返しで、さながら賽の河原で石を積んでいるような感じになりました。
 上の写真は、玄関から撮影したもので、軒の内側に通路を確保したところです。落ちてくる雪を取り除いていたら、とうとう通路脇に身長くらいの山脈ができてしまいました。
 なお、画面左上に電柱とオレンジのカーブミラーがご覧いただけると思います。あれが公道との境目です。玄関先からあそこまで除雪をする必要があります。

 雪国では、屋根を何で葺いているかも重要です。瓦の部分は雪の滑落があまりないため、屋根の上に残ります。大量に残ると、その重量で家が潰れることもあるため、屋根雪下ろしをしなければなりません。しかし、今年はせいぜい腰くらいまでしか積雪量がありませんので、今のところは大丈夫です。
 一方、トタンの箇所は、雪がよく滑るのでどんどん落ちてきます。玄関前の通路もトタン屋根の下なので、大量に雪が落ちてくるという寸法です。
 本来ならば、雪が落ちて溜まると不都合な場所は瓦屋根にし、雪が溜まっても差し支えないところはトタンにするなどを考慮して屋根を葺く必要があります。しかし我が家は、瓦であってほしいところがことごとくトタンであるために、必要以上に除雪の手間がかかります。

 また、家の造りも雪の動きに大きく作用しています。例えば、L字型に曲がった箇所があると、L字の内側部分に集中して雪が落ちることになります。我が家の場合、家の裏がそうなっているため、大量の雪が溜まって屋根とくっつきそうになっています。さらに、落ちて溜まる雪がアルミサッシを圧迫し、たわんでしまいました。ガラスが割れて家に雪がなだれ込んでこないうちに、何とか対処しなければなりません。

e0052074_0544971.jpg


 雪が落下してくることを考えずに薪棚をつくってしまったものですから、今になって薪の取り出しに苦労しています。上の写真のように、薪の前にこれまた雪の山脈ができてしまっています。人が通ることのできる箇所だけ切り崩して薪を運んでいます。また、この薪棚は軒先があまり長くないために、山脈が発達してくると薪を飲み込んでしまいます。
 薪棚が完成した時、同じ集落の人が、「軒先をもっと伸ばさにゃぁ」と言ったことがあります。その言葉の意味が今になってわかりました。

 これは僕のミスなのですが、来シーズン用の薪にしようと思って木をストックしていた真上がトタン屋根だったのです。木の山の上に雪が落ちてきて、鋭角の雪山ができてしまいました。また、これが倉庫の入り口の前だったので、今は倉庫へ入ることができなくなってしまっています。

 ・・・などなど、降ってみて初めてわかったことが多く、除雪に明け暮れながらもとても良い勉強になりました。
 ただ1つ、未解決の問題があります。春になったら薪を置く場所を増設しようと思っていたものの、人間の動線と雪の動きを考慮すると、そのスペースがないのです。土地は有り余るほど広いのですが、雪のことを考えると適切な場所がないというジレンマに陥っているところです。
[PR]
# by senang | 2008-02-24 01:10 | 【2】DIYな暮らし
100%
e0052074_18203466.jpg

 昨年の秋、社会実験を行っているYエリアで、地元の食材加工グループに「地元産の材料でパーティー料理をつくってください」とお願いしました。そして出てきたのがこの料理。全てYエリア産です。食器もYエリア産です。「このコンニャクは○○の○○さん、シイタケは△△の△△さん」という具合に、生産している人の顔や場所も特定でき、トレーサビリティもばっちりです。
 もっとも、地元の方々といえども、このような料理を毎日食べているわけではありません。畑でできない食材は、村に1つしかないJA系列のお店で買うこともあるでしょう。その中には、遠方から運ばれてきた乾物や菓子類も多いと思います。
 そうであっても、食料自給率は抜群に高いということに変わりはありません。

 ちょっとその気になれば100%の地産地消ができる。人口はたった1,600人の村ですが、食料自給という点ではエリート的な場所だと言えます。
 食材や食器が全て地元産ということもさることながら、それで盛りだくさんの料理をささっとつくっていただいた方々の知恵と技に感服しました。
[PR]
# by senang | 2008-01-08 18:36 | 【2】食と農
越冬前の菜の花
 9月末に播いた菜の花が大きくなってきました。下の写真は、10月中旬に本葉が出てきたところです。晩秋で日差しは弱くなりましたが、すくすく育っています。

e0052074_1264234.jpg

 本格的な冬を迎える直前には、下の写真のようになりました。本葉が生い茂って頼もしくなってきています。こうやって見ると、かなり密生させてしまったなと反省しているところです。これからもっと大きくなるので窮屈ですね。

e0052074_1255733.jpg

 去年は記録的な少雪でした。そのため、菜の花は2~3月頃に咲いてしまい、通常だと満開期であるゴールデンウィークの頃には茶色くなっていたそうです。
 今年も11月中旬に初雪は降ったものの、積もるには至りませんでした。それ以降も気温の高い日が続いており、積雪の気配は全くありません。今も外は雨です。

 気候の変動は植物の生長に大きく影響します。植物が思惑どおり育たなければ、食料やエネルギーの安定供給ができず、人間の生存にも影を落とします。順調すぎるくらい育っていく菜の花を見ながら、ふとそんなことを考えていました。
[PR]
# by senang | 2007-12-22 01:36 | 【2】エネルギー
今年の冬は大丈夫!
 今の家に引っ越して、ちょうど1年が経ちました。去年は引っ越し早々に薪ストーブを設置したものの、燃料の準備をしていませんでした。なので、十分な量の薪がなく、あちらこちらからかき集めて冬を乗り切った記憶があります。正月明けの夜、チェーンソーで燃やすものを切って暖を取ったこともありました。


e0052074_225321100.jpg

 そんな反省もあり、今年はコツコツと薪を集めました。この冬は薪貧乏にならずに済むと思います。


e0052074_225735100.jpg

 職場からも使用済みの試験材料をもらえました。スギなのですぐに燃え尽きてしまいますが、助かります。


e0052074_22585454.jpg

 先日は知り合いが伐った木を持ってきてくれました。割って乾燥させて、来年の薪になります。
[PR]
# by senang | 2007-11-07 23:00 | 【2】エネルギー
菜の花の種まき
 9月末、菜の花の種をまきました。9月上旬に堆肥を入れてすき込んで以来、しばらく放っておいたら草が生えてきました。また、菜の花の種をまくのは9月中だということです。こりゃいかんとばかりに、慌てて作業に取りかかったのが実態です。

e0052074_11491682.jpg

 菜の花は水分に弱いため、まずは水はけを良くするための溝をつけます。30cmくらいの深さの溝を約2mおきにスコップと鍬で掘っていきます。機械を使えばすぐ済むのですが、手作業でやってみると、かなりの重労働です。「手伝うよ」と言ってくれた息子も、案の定、1本掘って「休憩!」と言ってどこかへ行ってしまいました。結局、予定していた面積の半分くらいでタイムアップとなってしまい、今年は小規模な菜の花畑をつくることにしました。
 溝を掘った後、適当に種をまいて作業は終わりです。

e0052074_11545195.jpg

 数日後に見に行ってみると、小さな芽が出ていました。しばらく雨が降っていなかったので、夜露をとらえて発芽したのでしょう。可愛さと逞しさに嬉しくなり、早くも来年の春が待ち遠しく感じました。
[PR]
# by senang | 2007-10-11 06:49 | 【2】エネルギー
エコ・ワーク・キャンプ その7 同じ日本人なのに
 キャンプの感想についてレンジャー達と話していた時のこと。あるレンジャーが、野菜をもらいに家を訪ね歩いていた時のエピソードを淡々と語りだしました。
 彼は1軒目のやり取りを黙って見ていて、「次の家に行った時には自分から声をかけてみたい」と言いました。しかし、2軒目でも3軒目でも家人に声をかけられず、結局は最後まで話せずじまいでした。

「おじいさんは同じ日本人で日本語を話しているのに、言ってることがわからなかった。」
「おじいさんが説明してくれていることは僕にとって実感がない、だからわからない。」
「本当はもっと話がしたかった。」

 20歳前の彼にとって、山奥で数十年暮らしてきた古老の日常や体験談は、全く別世界のように映ったのかもしれません。思わぬところで触れた別世界は、「同じ日本人で・・・」の言葉に象徴されるように、きっと衝撃的だったのだと思います。
 しかし、イマドキの若い人がこんな感性を持ち合わせていることに少し嬉しくなりました。
[PR]
# by senang | 2007-10-11 00:30 | 【3】プロジェクト
エコ・ワーク・キャンプ その6 人の気配に安心できた
 最終日、片づけをしているとキャンプ地の近くに住むおばあちゃんがやってきて、手伝ってくれました。
 僕達がキャンプをしたことに対して、おばあちゃんは涙ながらに喜んでくれました。こちらとしては喜んでもらえることをした覚えがないので、訳を聞いてみたところ・・・。

 夜に人の声がしたのは数十年ぶりで、人の気配がしたから安心して眠ることができたということです。普段はしーんとした暗闇に耳を澄まし、ガサガサと音がしたらクマじゃないかと怯えながら過ごしているとのことです。

 我々がたった2泊3日のキャンプをしたところで、限界集落で何かが変わることはないのかもしれません。それでも心にしっかりと残るものはありました。同様に集落のみなさんにも、感覚の部分で何かが残っているといいなと思います。
[PR]
# by senang | 2007-10-11 00:09 | 【3】プロジェクト